ひとりでのアプリ開発 - fineの備忘録 -

ひとりでアプリ開発をするなかで起こったことや学んだことを書き溜めていきます

20220329162023

Unityのインストールについて

初めに

 本記事では、ゲームアプリ開発でお世話になるUnityのインストールについて、解説いたします。

Index

 

Unityとは

 Unityとは、Unity Technologiesが提供するIDE統合開発環境:説明記事はこちら)を内蔵するゲームエンジンです。ゲームエンジンとは、ゲーム開発における一般的な処理を効率よく実装できるツールです。ここで言う一般的な処理とは、映像処理や音響処理などです。よく使われる処理が共通化されているため、実装作業の工数を減らすことができます。また、プログラミング言語の知識が浅いクリエイターでもゲーム開発が進められるように作られています。

Unityのインストール手順

 Unityのインストールは次の手順で行います。

  1. UnityHubのインストール
  2. UnityHubを起動して、Unityをインストール
UnityHubとは

 UnityHubとは、Unityのバージョンを管理したり、プロジェクトを一括管理するためのデスクアプリケーションです。Unityで何かを作るときは、UnityHubからプロジェクトを作成し、Unityを開くことになるため、Unityを使うには必須のアプリになります。

blog.unity.com

詳しいインストール手順について

 公式がWindowsMacそれぞれに対して、インストール手順を示してくれています。リンクを貼っておきますので、詳しくは、そちらを参考にしてください。

forpro.unity3d.jp

forpro.unity3d.jp

UnityIDの取得(Unityへのサインイン)について

UnityIDは取得しておいたほうがよい

 Unityのインストール手順の中で、UnityIDを取得し、サインインすることを公式が勧めていました。実際には、Unityのライセンスは、自分のUnity IDアカウントでライセンスをリクエストして、認証されることで取得することができます。ライセンス認証・取得を行わなくても、Unityを利用することは可能です。ですが、その場合は個人向けPersonalプラン(無料)相当のライセンスとなり、各ライセンスが持つ特典を利用することができません。また、今後アプリ開発をするうえで、収益化することになれば必ず必要になってきます。そのため、UnityIDは取得しておいたほうが良いと思われます。

UnityIDの取得の手順

 今回は、UnityHubから取得する方法を記載します。

  1. UnityHub画面右上の人型アイコンをクリック
  2. ”IDを作成”をクリック
  3. メールアドレス、パスワード、ユーザーネーム、フルネームを入力
  4. 入力したメールアドレスに確認メールが届くので、記載されている手順にしたがってリンクをクリック
  5. UnityIDの取得完了

Unityのバージョンについて

 Unityのインストールをする際、どのバージョンをダウンロードすればよいかわからないかもしれません。そのような人のために公式が回答を載せてくれています。公式曰く

  • 最新のLong Term Support(LTS)バージョンをまずはご利用ください

とのことです。UnityのバージョンにはTechストリームと呼ばれるものとLTSと呼ばれるものがあるのですが、Techストリームは定期的にバグ修正や新規機能んの追加などアップデートが入ります。また、サポート期間は6か月程度です。それに対し、LTSは2年間のサポート期間が約束されており、バグ修正以外のアップデートは入りません。そのため、LTSを利用することを推奨しています。

 LTSの詳しい説明やどのバージョンを選ぶべきかの回答は下記リンクを参照してください。

forpro.unity3d.jp

 後から別バージョンをインストールすることも可能です。最新のLTSバージョンはインストールしても無駄にはならないので、とりあえずインストールして、使ってみるのがよいと思います。