ひとりでのアプリ開発 - fineの備忘録 -

ひとりでアプリ開発をするなかで起こったことや学んだことを書き溜めていきます

20220329162023

Unity入門 - C#言語とは -

初めに

 Unityで使用されるプログラミング言語C#言語" について、どのようなものか簡単にご紹介します。

Index

 

C#言語とは

 C#マイクロソフトが開発したプログラミング言語になります。名前からわかるように、C言語と呼ばれるプログラミング言語から影響を受けており、構文を見るとC言語を踏襲していることがわかります。また、Androidアプリの開発言語として採用されているJavaC言語から影響を受けているため、Javaとも構文が似ており、Javaを習得済みであれば、比較的容易に習得できます。

f:id:fineworks_fine:20220129160056p:plain

 上の画像は、Unityで "Hello, world." と表示するためのスクリプトで、C#で書かれています。

C#言語でできること

 C#C++C言語の拡張版のようなもの)とJavaの便利な部分を取り込んだような言語になります。基本的には、さまざまな開発ができるオールラウンドな言語といえます。たとえば、

  • Windowsのデスクトップアプリの開発
  • スマートフォンアプリの開発
  • Unityによるゲーム開発
  • VR、ARなどのコンテンツの開発

ができます。

C#が苦手なこと

 高度な計算処理や高速で計算の処理をすることは苦手なようです。実際、競技プログラミングでは、C#PythonC++などのプログラミング言語を使うことができますが、処理がPythonC++に比べて遅いため、これらが使えるのであれば、そちらがおすすめされています。

他の言語ではなくC#を学ぶことの良さ

 Unityで使うことができる点が最も大きいのではないかと思います。

 学ぶプログラミング言語を選ぶときに、自分が何を作りたいのかを考えてみると、学ぶべき言語が見えてきます。AI開発ならばPythonを、ウェブサービスを作りたければHTMLやPHPを学ぶことになります。ゲーム開発やVR、ARなどのコンテンツを作る際にUnityは非常に便利です。そこに他の言語ではなく、C#を選ぶメリットがあると思います。

C#をどのように学ぶとよいか

 C#C言語Javaといった言語の知識があれば比較的簡単に学べますが、そうでないひとにとっては、習得難易度は高めであると言われています。しかし、多くの学習用サイトがあること、Unityを自分でいじりながら学習できることを考えると、難しくはないのではないかと思います。

 C#を学ぶのにオススメのサイトをいくつかご紹介いたします。ぜひ、ご活用ください。また、当ブログでも体系的にC#が学べるよう記事を書いていこうと思いますので、ご覧いただけると嬉しく思います。

C#を学ぶのにオススメのサイト
  • C#公式ガイドページ

 マイクロソフトが出している公式の説明です。大変丁寧に説明されています。ただ、動画での説明は英語のため、日本人には少し厳しい。

docs.microsoft.com

  • ドットインストール

 様々なプログラミング言語が学べるサイトになります。C#については、全36回になっており、第5回まで無料公開になっています。第5回まででもC#がどのようなものか、感覚がつかめるのではないかと思います。また、Unity入門は全26回すべて無料公開されています。動画での説明もついており、非常にわかりやすいです。

dotinstall.com

  • 一週間で身につくC#言語の基本

 体系的にC#言語を学ぶことができます。基本編と応用編に分かれており、1日ごとに1記事理解すれば2週間で基本から応用まで学ぶことができます。また、練習問題も用意してくださっており、着実に力をつけることができます。

csharp.sevendays-study.com

最後に

 C#言語でできることやC#を学ぶためのサイトをご紹介しました。当ブログでも、今後、すこしでも体系的にC#が学べるような記事を書いていこうと思っています。よろしければご覧ください。